JA旬の玉手箱SP ラジオでアグリマルシェ!!

2020年11月15日(日) 9:00〜10:54

ラジオを聴いてニッコリ!エントリー!!
み〜んな笑顔の2時間!!自慢の玉手箱を20名様にプレゼント!

美川・ともちの”突っ込みコンビ”の爆笑トークで笑顔の2時間!
生産者の熱い思いと優しさに満ちたトークにほっこりの2時間!!
地元・清水の農産品の詰合せを目指して、熱気ムンムンの2時間!!!

出演

そのまんま美川(ものまねタレント、静岡市出身)
MC そのまんま美川
ものまねタレント
山下 ともち(マリンパル パーソナリティ)
MC 山下 ともち
マリンパル パーソナリティ
遠山 由美(野菜ソムリエ上級プロ)
遠山 由美
野菜ソムリエ上級プロ

地元清水の自慢の農産品地元清水の自慢の農産品

地元・清水で採れる自慢の農産品と、愛情たっぷりの生産者の皆さんをご紹介!
放送では、熱い思いと優しさに満ちたトークをお楽しみに!!

みかん

冬の果物の代表格。酸味と甘味のバランス、濃厚な風味が特徴。

清水ミカンのブランド化
を目指しチャレンジ中!
柑橘委員長
杉山 公啓さん

バラ

花の女王・バラ。色・咲き方とも個性派ぞろい。

バラは可愛い娘。
大切に育てました。
バラ部会部会長
池田 好隆さん

お茶

清水のお茶は”浅蒸し茶“。「香り」「旨さ」の強さが特長。

茶葉の力を最大限に
引き出したお茶は逸品。
茶業委員会委員長
片平 次郎さん

レッドオーレ

促成栽培発祥の地・清水区三保。フルーティな甘さで人気。

甘みが決め手。
丹精込めました。
レッドオーレ部会長
水野 順也さん

枝豆

ハウス栽培の枝豆は、豊かな旨味と風味で都内料亭から引っ張りだこ。

高級エダマメのブランド
を大切にしています。
フジエス枝豆委員長
瀧戸 徹也さん

折戸なす

徳川家康が好んだ「折戸なす」。濃厚な味わいが特長。

家康も愛した折戸なす。
味は天下一品。
折戸なす研究会
柴田 明生さん

レシピ

今だけ!ここだけ!!秋のしみずの玉手箱

材料 2人分(ごはんは3~4人分)

1
米(しみずの風こしひかり)… 1合
水 … 200ml
エノキ茸(大) … 1袋(200g程度の株)
昆布茶 … 小さじ 2
枝豆(駒豆) … 1袋(200g)
2

レッドオーレ … 3個
オイスターソース … 小さじ 1
片栗粉 … 小さじ 2
シイタケ … 1枚
卵 … 3個
中華スープのもと … 小さじ 1

★合わせ調味料
砂糖/紹興酒/醤油 … 各小さじ 1

3

折戸ナス … 1個(200g程度)
植物油 … 少々

田楽味噌
赤味噌 … 大さじ 2.5
砂糖 … 大さじ 2.5
赤ワイン … 大さじ 1
オイスターソース … 大さじ 1
粉チーズ … 大さじ 1

モツァレラチーズ … 1/2個

作り方

1
駒豆ごはんを作る。
「駒豆」1袋を「おいしいゆでかた」で茹で、サヤから豆をだす。
「しみずの風こしひかり」はさっと洗って炊飯器の内釜にいれ、水を注いで30分以上浸水する。
時間がきたら、小口から細かく刻んだエノキ茸をのせ、昆布茶を振って、炊飯する。
炊き上がったら、ほぐし「駒豆」を加え混ぜる。
2

レッドオーレは洗ってヘタをとり、しっかり水気を拭き取る。
縦4~6個に切り、オイスターソースをまとわせてから、片栗粉をはたく。
シイタケは1cm角程度に切る。卵は軽く溶き、スープの素を加える。
★の調味料を合わせる。

シイタケをフライパンに並べてから点火し、弱火でじっくり焼く。
香りがたったら、片栗粉をまぶしたトマトを加え、温める程度にやく。
(水分が流れ出さないよう、触り過ぎずないのがコツ。1回裏表を返す程度で丁度良い。)

フライパンのあきスペースに合わせておいた★の調味料をいれ、温まったら、手早くシイタケとトマトに絡める。
トマトの周囲に卵を流しいれ、固まったところから、やさしく寄せるようにして、一つにまとめる。

3

折戸ナスは洗ってヘタをとり、しっかり水気を拭き取る。
表面に油をぬり、空気を追い出すようにラップでピッタリとつつみ、電子レンジへ。
600Wの電子レンジなら、100gにつき2分を目安に加熱する。(1個200g程度の折戸ナスなら4分加熱する)

加熱後やけどに気を付けながら、ただちにラップごと「氷水」をはったボールにいれ、指で優しく揉んで急冷する。
ラップをはずして水気をふき食べやすく切る。

田楽味噌の材料を耐熱容器にいれて混ぜ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジで1分加熱する。
折戸ナスと1cm角程度に切ったモッツァレラチーズを加え、そっと和える。

4
器に盛り付けて完成!

紹興酒・赤ワインは、日本酒でも構いません。
お子様が口にする場合は、代用として水をお勧めします。

オーブンやトースター、電子レンジなどにいれ、熱々にして食べると美味しいです。
冷めても美味しいので、プリン型のようなカワイイ容器で、お弁当に入れてもいいですね!

レシピ制作
遠山 由美 さん
野菜ソムリエ上級プロ